2015年01月19日

関節ケアG-BITS~その2。

CIMG1043.JPG

さて、グルコサミンとは大きくわけると2種類あります。

「グルコサミン塩酸塩やグルコサミン硫酸塩」のような「塩酸」「硫酸」を

使用してスピード分解したグルコサミン。

自然界には存在しないかたちなので一度体内で「N-アセチルグルコサミン」

に変化させてから体内で利用されます。

そして、「N-GBIT」に使用されている「N-アセチルグルコサミン」は

エビやカニ殻から酵素分解によってゆっくりと天然のまま抽出された

グルコサミンなのです。もっと注目したのが「N-アセチル」という部分で

もともと自然界や体の中にある成分と同じなので天然型なのです。

また、体への吸収率・浸透率が高く他のグルコサミンと比べて少量でも

十分は働きをするもの特徴です。


posted by ノースビレッヂ at 23:33| おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。